<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
今日の花
桔梗が元気に咲いています。
器は信楽です。

容れ物が変わると、なんだか秋らしいですねえ。
d0183702_024884.jpg

by niwachaho | 2011-09-29 00:04 | 日常
昨日の花
赤米に続き、黒米を頂きました。

一日経つとすぐショボンと水が落ちてしまいました。。
やはり田んぼじゃないとツライんだろうな。。

色はなかなか黒いです。
d0183702_15303934.jpg

by niwachaho | 2011-09-28 15:32 | 日常
大分のうつわ展について④
11月3日から、「大分のうつわ展」を丹羽茶舗でおこないます。

まだちょっと先ですが、DM撮影用にうつわが届いたので
勢いでご紹介しております!

今日は三苫修(みとま おさむ)さんの紹介。
(苫の字は、ホントは竹カンムリなのですがウマく変換出来ず。。。
 三苫さん申し訳ないです。。)

ロクロではなく、型で作っているので、制作の手間がより大変です。
まず原型を作ったり、と意図的に形を作り出すからでしょうか、
とても器の線がキレイです。

土ものの柔らかい印象とシャープな形が魅力的☆
d0183702_1950268.jpg

by niwachaho | 2011-09-15 19:58 | 企画展
お茶の色
先日茶畑でお茶を摘む体験をしました。

無農薬の畑だから、トンボや虫がもりもり、イノシシの掘った穴もチラホラ、
なかなかハードな環境。
でも自然な状態なので、「害虫」と言われる虫は少ないのだとか。

摘んだ茶葉を持ち帰り、揉んで蒸して自家製紅茶を作る予定だったのです。
しかし気づいたら母が勝手に天日干ししてました笑。。

ただ干しただけのお茶ですが、ヤカンで煮出してみると渋みの無い
紅茶みたいな味でナカナカいけるのです。
水色(スイショク)はまさに「茶」色です。

現在のような煎茶を作る方法が確立する以前は、
こういうお茶が飲まれていたのかもしれません。
d0183702_14425776.jpg

by niwachaho | 2011-09-14 14:43 | 今日のお茶
今日の花
赤米です。

弥生時代は赤米だったそうな。
一度黒米とともに食べたことがありますが、美味しくはなかった
と思われます。

今では観賞用としてお花屋さんにも売っているようです。
たまたま頂いたので、どさっと花入れにいれました。

稲穂って、やはり日本人の原風景ですね。
はっきり意識して見た事はなくても、懐かしいような気持ちがします。
d0183702_22433044.jpg

by niwachaho | 2011-09-11 22:47 | 日常
大分のうつわ展について③
11月3日より、丹羽茶舗で開催する「大分のうつわ展」
について、今日は阿南維也(あなん これや)さんの器を紹介します。
維也、ってかっこいい名前ですねえ。

阿南さんは磁器の器を中心に作っています。
体育会系(器・本人ともに)のボディと、丁寧な仕事が魅力的!
実際に見て頂くと分かるのですが、本当に隅々まで
手を抜かずに作っているのが伝わります。
繊細かつ丈夫な、骨太の器です。


そして渾身の落書きも一緒にアップしちゃいます。
あっ、コレは非売品でございます。
なぜか落書き画像が大きくなってしまいました。。

d0183702_14493937.jpg
d0183702_14491648.jpg

by niwachaho | 2011-09-10 14:54 | 企画展
大分のうつわ展について②
11月3日より、丹羽茶舗で開催する「大分のうつわ展」
の告知でございます。

大分の、とつくと広そうですが、
あくまでお店の独断と偏見で選んでます笑。

今日ご紹介するのは日田市小鹿田(オンタ)の坂本工窯です。
小鹿田は決まった家(十軒)が代々陶器を作っていますが、
今回はそのうちの一軒、坂本工(タクミ)・創(ソウ)さん
親子のものを取り上げます。

工さんのものは、小鹿田のお宅に行ってもほとんど作品がない為
展示会などでしかまとまって見られません。
意外に地元大分で見る機会は少ないかも!

定番である飛びカンナのものをはじめ、ピッチャーや刷毛目のものが
特にグッと来ました。
d0183702_21565539.jpg

by niwachaho | 2011-09-06 22:11 | 企画展
大分のうつわ展について
11月3日より、丹羽茶舗で「大分のうつわ展」という展示を行います。
(展示といっても見るだけではなく、モチロン購入も出来ます〜。
 詳しくはホームページをご覧下さいませ)

DM撮影用の器が届きました!
菊池克(キクチ カツ)さんのものです。
大分県の国東(くにさき)半島というところで
地元の土を使って作陶しています。
唐津や韓国陶器が好きな方は、かなりグっと来るはずです!
また会期が近づいたら詳しくご紹介致します。


さてさて、国東半島といえば国東塔!
国東塔は石を積み重ねて作った宝塔です。
形がいい、と東京にいるときに古美術屋さんから聞かされていたので
いつか国東に見に行くぞ、と思っていました。

今年中には見に行きたいなあ〜。
d0183702_18555210.jpg

by niwachaho | 2011-09-04 19:11 | 企画展




Copyright © niwachaho All Rights Reserved.